からだの場所によって極端に汗をかく量が違う

わたしが心配している汗での悩み事は、からだの場所によって極端に汗をかく量が違うのです。

例えば、夏の汗。
兄弟は背中や顔面からタラタラと汗が出ていますが、同じ状況の中で一日過ごした場合、自分の場合は腕はまったく汗をかかず、両脇とうなじの部分にそれなりに沢山汗が出てくるのです。
ココに汗をかくとすごく不快なのです。

最も、みんなもそうなのかもしれませんが、脇という場所に汗は出ないで欲しい場所です。
顔面もまったく汗が目立たないからなのか、同じくらいの運動量なのに「運動が足りないのでは?」と怪しいまなざしで見られるのです。
そんな風に思われると、すこし不愉快になりますよね。

脇とかうなじに汗をかくわたしは、臭いの方が心配になります。
ですので、輸入品の大きなもので、そして日本にないようなフレグランスのものを好奇心でネットショップでお取り寄せしてみました。

それと、ミョウバン柿渋石ケンも良いらしいです。
今現在はドラッグストアなどでも扱ってたりします。
大量に汗をかく人でもさまざまなニオイを選べる範囲が広がったので、有り難い気持ちでいっぱいです。

汗についての悩みは人によりますが、私の場合は最強の汗かきではないかと思います。
主に夏場。どうしようもないのです。

シャワーを浴びても就寝中に汗をかいてしまうので、目覚めた時には汗で髪の毛がびっしょり。
元よりシャワーを浴びたとしても外出の際には汗をかく為、夏の時期にはポニーテールにするほかないのです。

「髪切れば違うんじゃない?」といわれたのですが、とんでもありません。
切ったら汗がしたたり落ちてきたり、毛先に汗の結晶が付き白くなったり…。
髪を結んでいたとしても毛先は白く固まりゴワゴワという悲しい状態になってしまいます。

さらに、制汗剤も駄目なのです。
シューっと吹き付けた時は良いニオイがするんだけど、何時間か経ったら汗臭いニオイがしてしまうので悪臭と化してしまいます。
ですのでわたしがしている汗臭さ対策は両足の足首にコロンをぷしゅっと。

これなら匂いが混ざる事が無い為良い香りの方が昇っていくのです。
暑い季節が過ぎ髪の毛を結わなくてもよくなるとわたくし恒例の行事。

まずはカラーリング。
そして年末前に髪の毛をバッサリ。
これが一番の汗対策になっています。

汗が出てくるくらい暑くなってくると、手の指からも汗が出るのです。
もちろん額や腕などほかの部位からも汗は出るのですけど、一番ベタベタっとするのが両手の指です。

前は両手の指が発汗するなんて皆無に等しかったのですが、年齢が上がると体質も変わってくるようでわたしの悩みのひとつになりました。
汗が流れ落ちるといった事はないのですが、あたかも揚げ物を握った時みたいな感じです。

夏の時期になると、私が良く触るようなものは湿ったりベタベタしたりします。
一例をだすと、携帯の場合はいつもベチョッっとした手触りなのです。
指の汗を拭いてからスマートフォンを触るようにしていますが、長時間操作していた場合いつの間にか汗をかいていて電話が汚くなります。

さらに、財布においても家に帰ったらティッシュで拭きとらなければならないほどベタベタします。
知り合いに相談したら「気にし過ぎじゃない?」と言われたのですが、実際に使用直後のスマホに触れて見て貰ったら悩みに共感してもらえました。

ここ最近、いい年になってきたからなのか、自分の体臭が気になります。
前、僕の上司や父親も同様の臭いがしていました。
40過ぎると臭うようになんだろうか?オジサンになったから体臭が出るのか分からないです。

運動しててもしなくてもにおいがします。
以前は運動で臭いのかと勘違いしてました。
風呂に入っても匂っているし、変なんです。

体臭って、男性の独特の臭いで女の人のニオイとは少し違います。
女性の場合は香水のにおいがするんですが、男の人の場合は男性特有の臭さなのです。

ヘアサロンに行ったりするとリンスなどの香りが続いていい香りです。
ニオイの元っていったいなんだろうかと思います。
僕自身は去年まで剣道をやっていました。

臭いっていっても汗のにおいでした。
ですから洗濯したら臭わないと思ってましたので汗臭くないと思います。

アルコールも疑ってみたのです。
上司の場合は絶対にアルコールが原因だろうと思っていたのです。
けれども、自分はアルコールを口にしないのに匂います。

ですので、アルコールじゃないようです。
親父も元上司もボクも結構飲む方ですけど、飲まない人にもニオイがあるので、何でニオイがするのか不明です。

ただ、親父が匂っていたのが四十歳くらいなので自分もそれくらいだし、何が原因なのか不明です。
体臭というのはそれくらいの年なら誰でも出るものなのかな?

あたしは自分のわきのニオイを気にしています。
夏場は特に気になりますが、冬場も匂いが気になるときがあります。
ですから、自分がやっているワキのニオイの処置法を紹介したいと思います。

まず、ブラウスを着る際には脇汗用シートをつけています。
それのお陰でワキ汗を服にしみこませることなく、ばい菌が繁殖するのを抑えてくれるので、臭いの元がなくなります。

それをしていてもわきのところについた黴菌が臭うので、出かける前にスプレータイプの制汗剤をつけます。
夏場は汗で流れ落ちてしまうので、化粧室に行った時などにしょっちゅう脇の部分をアルコールティッシュを使って拭きます。

そのあとに、デオドラントスプレーをもう一度塗ります。
だけど、職場のトイレ等でスプレーすると、音が出て気になると思うので、その場合は塗るタイプのものも常備しておいてつけるようにしているのです。

それから、わきのムダ毛も衛生的ではないので、冬場もしょっちゅう処理するようにしています。
自分自身のニオイはなかなか気づきにくいものですが、なるべく清潔に保つことで匂いの元から対策をすることが肝心なのだと思います。

参考:AHCセンシティブのお試し通販!2980円で半年分試せる制汗剤
URL:https://www.realprintandfinish.com/