男女の違いを理解して居心地の良い空間を作る

恋愛を長続きさせたいなら、やっぱり男と女の違いを理解しなきゃいけないと思います。
恋愛ドラマや恋愛漫画ばかり読み過ぎると現実とのギャップに苦しむことがあるかもしれません。

また、理想の男性像が高くなりすぎて、それを彼氏に押し付けるという事も彼氏を苦しめるだけです。
自分も苦しいでしょう。
だから、男と女の違いを理解して、その違いを尊重しなければいけません。
毎日会う事や、マメなメール、細やかな気遣い溢れる言葉、これはあくまで女性の理想であって、理想通りにできる男性なんてそうそういません。

また、この人すごい理想に近い!というような人は、大体、無理してこちらの理想に合わせてくれている場合があります。
忙しい彼に頻繁に会う事や、疲れている彼にダラダラと自分の話をすること、そして心のこもった相槌などはあまり期待しないで、彼が無理しないで、ありのままの姿で一緒に要られる事が出来るように、自分の理想と離れている彼の姿を受け入れてあげる事ってとっても大切だと思います。

週に一回しか会えなくたって、そっけないメールだって、相槌が疲れた雰囲気でもいいではありませんか。
状態の悪い時の彼が本当の彼だ…くらいの勢いで、受け止めて理解して認めてあげることが恋愛長続きの秘訣です。
リビドーロゼ 販売店

彼氏と付き合って半年程経った頃、私の誕生日でした。
彼はちゃんと誕生日を覚えていてくれ、当日のディナーはホテルの鉄板料理のお店を予約していてくれました。

お互い仕事を終え、待ち合わせていました。
会ったらまず、おめでとうと花束を用意していてくれました。
思わず「えー!!」とびっくりしました。
こんなの初めてだったのでとても嬉しかったです。
お花を頂くのは女性として嬉しいものです。

鉄板料理は高級感のあるお部屋で頂きました。
とても美味しくて感動しました。
目の前でお肉などを焼いて出してくれます。
この様なお店に行く機会はなかなかありませんでした。
グルメな彼だったので、さすがだなと思いました。

料理を食べ終えると、お茶とデザートが出るのですが、それは別室でいただきます。
そのお部屋はソファー席で、寛げるスペースになっていました。
これにもさすがホテル!!と感動しました。
デザートとは別に、ホールでお誕生日ケーキも用意していてくれ、ホテルの人が記念に写真も撮ってくれました。

誕生日をこんな完璧に祝ってくれた事なんてなかったのでかなり印象に残っています。
私はホテルが大好きなので、それを良く分かっていてくれて嬉しかったです。

彼氏にされて嬉しかったことは、、、ずばり!!!
不意打ちの「サプライズ」です。

サプライズって、すらっと出来ちゃう男の人と中々出来ない男の人がいるかと思います。
私がされて嬉しかったサプライズは高価なプレゼントとか、そういったことではありません。

私がされたサプライズについて詳しく書くとね、、、
私の彼は仕事上、よく海外出張に行きます!!! (これは自慢じゃないよ(笑))

つい最近の出来事なのですが、彼が中国に出張に行っていました。
いつ帰国するかアバウトにしか聞いてなかったのですが、、、

私が空港の免税店で化粧品を買ってきてほしいと頼みました。
すると、、、彼は百貨店で働いてる友達に頼んどくから明日待ち合わせして受け取っておいで~!と
言われました。
しーかーし、そのお友達のことを私は知らないのです!(笑)
それに、わざわざ迷惑やし断ろうかなと考えていました。

だから、彼に丁寧に断ってと頼みました。
すると、「もう買ってくれたから 8時半にデパート前に来てって言うてるよ。」って!!!!!

本当に!? うそ!? えぇぇぇぇ!? んーーー。 (これ私の心の中です(笑))

とりあえず、彼のお友達やし、人見知りやけど親切な人やから 行ってお礼して帰ろう。って思いました。

ついに、待ち合わせの場所にドキドキしながら8時半前にデパート前に行きました。
10分前に着いたんですが、、、びっくりするくらい時間経つの遅いんですよー。

やっと8時半なって ふと思ったんです。
私はそのお友達の顔知りません(笑)
そうなると、、、そのお友達(彼女)は私の顔を知っているのかな???
っていうことは、、、私に声をかけてくださる人が、彼のお友達ということね。
なるほど~。めっちゃドキドキしちゃうね。 なーーーんて考えていました。

すると、、、肩をトントンとされました。
振り返ると、ふわっと私の大好きな甘い香りがして 花束が見えました。
びっくりした!?という声とともに 大好きな私の彼の顔が視界に、、、!!!!

これこそ、、、放心状態ですよね(笑)

花束と私が欲しいと思っていた化粧品をプレゼントしてくれたんです。

私の彼は日本在住の外国籍の方で、こんなことが さらーっと出来ちゃうタイプなんです。(笑)
こんな嬉しいことされて幸せでした。