続けること、むずかしい

色の白いは七難隠す、らしいので、というかもうずっと基本的に美白がよしとされていて美白化粧品もたくさん売っていたりして、わたしも紫外線にはわりと無意識に気をつけて暮らしています。

よく色白いね、色素薄そう、と言ってもらうことがありますが、子供の頃はめちゃくちゃ焼けていました。(夏休みなど)
大人になってから気をつけるようになっただけで、わたしもなにもしなかったらたぶん普通に焼けます。
日焼け止めは季節関係なく使うし、でも基本インドアなのであまり日焼けしないのもあるかもしれませんが・・・

雑誌の美容について書いてある記事など読むと、やっぱりたいてい「続けることが大事!」と書いてあって、でも飽きっぽいわたしはほぼ続けられません。でも紫外線に気をつけること、などはもう無意識に刷り込まれていて、素肌のまま日に当たる罪悪感が気持ち悪く(お化粧をしたまま寝るのが気持ち悪いように)なってしまい、続いています。

でも続かなくても、いろいろやってみるのは悪いことじゃないように思います。思いついて「今日は階段を使おう」とかで全然それだけで自分によいことをした!と達成感のようなものが少し得られるし、「続けられないわたしだめだ」と思わないでなんかキレイになるために、と一個でもできたら多分ちょっとキレイになれるのでは、という気がしています。