最初は全身脱毛をしないつもりだったけど

周りの人達がやっている全身脱毛。
本当のところわたしはそれほど無駄毛が濃いという事はありませんし、両わきの永久脱毛はしたので、他はしないつもりでした。
けれども、いろいろと話を聞くと、いつもの自分での処理がすごくラクになるんだとか。

確かに濃くは無いけれど、腕やすねのムダ毛は目立つし、足が出る服を着た時は入念な処理が必要です。
処理が手抜きだった時は、出掛け先でも不安になります。

なので、私も全身脱毛に踏み切ろうと思い、いろいろなエステサロンをリサーチしているところです。
全身脱毛と言いますがサロンによって脱毛可能な場所が変わるので悩むところです。

できれば口周りの脱毛も行いたいと思っていますが、そこがコースに加えられていない事が多いのです。
せっかくなので、希望している所は全て処理したいので、わたしにとって一番のエステサロンとコースを探しているところです。
目指すところは来年の夏!思いっきり素足を出せるようになりたいです。

自分はこれまで、むだ毛処理について大変悩まされてきました。
仲のいい友達と温泉のあるホテルに泊まった時、旅行の前日に浴室で毛をT字カミソリできちんと剃ったのですが、旅先で温泉に入ろうとしたらムダ毛が伸びてきていました。

そこで温泉旅行先でも毛のお手入れをすることになったのですが、さすがオンナのチェックは鋭く「アッ、××(あたしのこと)、むだ毛多いねぇ毎日のように剃らないとダメなの?!」と指摘され、軽くショックを受けました。

確かに、人によって毛の生え変わる周期は差があるので、数日剃らなくても大丈夫な人も大勢いると思うのですが、あたしは毎日剃らなくては毛がみるみるうちに生えてくるので、恥ずかしくて仕方がなかったです。

この悩みを解決したいと思っていた時、あたしの従妹に「医療機関でやっているレーザー方式の脱毛いいよ!永久脱毛だからもう剃らなくていいの!」と聞かされたので、ようやくわたしもこの間、医療レーザー脱毛を契約してきました!初回のレーザーを当ててきたのですが、最初の7日ほどは本当に無くなりましたが、その後はまた前みたいにニョキニョキと毛が生えてきます。

脱毛の予定は全5回で約2年くらいかかるみたいですが、実際に2年で5回の医療脱毛でなくなっていくのがちょっと心配です・・・。

私は、父親から遺伝してしまったのか、体毛が濃く、特に思春期に突入したころからだんだんムダ毛が多くなってきました。
思春期という時期は、スタイルや外観を気にしだす時だと思います。そういう時期とダブってしまい、毛深いのがとても恥ずかしくて、耐えられませんでした。

とりあえずは、恥ずかしいとは思いつつがまんをしていましたが、高校に行くようになり、剃刀を使って無駄毛の処理を行うようになりました。
でも、クラブ活動などでなかなか時間を作れず、毎日続けるのはなかなか難しく。
剃刀負けからの肌荒れもあり、何日か間をあけないと無駄毛の処理ができなかったのです。

大学生の頃は、皆がおしゃれしている中で、やはり無駄毛がきになり。
カミソリで剃るだけではなく、毛抜で抜いて処理をするようになりました。。
毛抜きで一本一本抜いて処理をするのは非常に時間がかかるのですが、剃刀負けは起こさないですし、綺麗になるのが快感でした。

けれども、繰り返しそんな事を行っていると、毛が皮膚の中で成長した感じになり、黒いポツポツができました。
それを頑張って抜くと、やはり肌が荒れてしまう。
なので、お小遣いやアルバイトでお金を貯めて、評価が高くて勧誘のないサロンに、頑張って行ってみました。

半年ほど通うとかなりムダ毛は減り、終わる少し前にはムダ毛が生えてくる事はなくなりました。
自分で処理をすることも無くなったので、肌もつるつるになりました。
大学へ行きながらだったのですが、貯金して脱毛に踏み切ってホント良かったです。

私はもともとホルモンバランスが乱れてるのかムダ毛は多い方です。
それが影響してるのかムダ毛が時々1本だけ伸びてくる場所があります。
何だかとても奇妙で、なぜ一本だけ伸びるんだろう思います。

わたしが気になっているそのむだ毛と言うのはアゴ下に生えてくる毛です。
ここって数本くらい無駄毛が生えていますが、特に際立つのが1本だけ伸びてくる長い毛です。
メイクの時にムダ毛のお手入れをするのですが、ふとしたらいつもこの長い毛が伸びているのです。
どうしてもこの毛が気になります。

むだ毛の中にたまに長いむだ毛が生えてくるのはどんなワケがあるのでしょう?人体の神秘です。
その1本のみ伸びる意味がよく分からないし、どんな理由で伸びてくるのかを理解したいと思います。
ふと気づいて見ると長く伸びているので、本当に短い時間で長くなっているんじゃないかと疑うことがあります。
そういうことはあるのでしょうか?むだ毛処理をするときによく考えてしまうことなので、その原因を教えてほしいです。

ミュゼ除毛クリーム 口コミ

30代前半から徐々に身体のニオイが感じられるように

以前は汗の匂いなど気にした事はなかったのですが、30代前半から徐々に身体のニオイが感じられるようになってきました。
まあ平たく言えば「加齢臭」ですね。今はスメハラなんてのもよく聞きますし、世の成人男性は相当用心しながら生きていかなければなりません。

わたしは金属を加工する仕事をしているので仕事をしている時は機械油の臭いでカラダの臭い嗅ぎ取れませんが(職場自体臭いですが・・・)、さすがに自宅に戻るとカラダの臭いが分かります。
勿論、私の洗濯物は妻や娘と別々です…。

そこで頑張って防臭ケアをするようにしました。その対策とは「身体を清潔に保つ」です。
なんだそんな事かって思いました?だけど現に、口内や髪、身体と念入りに磨き上げれば体臭は激減すると思いました。
足元の匂いは「重曹」を使って洗浄するとほぼ無臭になりますよ。

職場や外出先で発汗したときは抗菌タオル等で小まめに拭いておくだけでも防臭対策となります。
薬局で手に入る汗取りシートだともっといいかも知れません。
口のニオイは食事の度に歯の汚れを落とすのが理想的ですが、ブクブクをするだけでも臭いにくくなります。

「清潔」を心掛けることは健康面においても良いことなのでぜひ試してもらいたいです。
それから女性の方々に向けては、我々の頑張りを何卒ご了承下さいまし。

皆さまは自分の体のニオイにおいて気にしたことがありますか?わたくし事で恥ずかしいのですが自分の足臭をとても気にしているのです。
1番の足のニオイを気にするのは、仕事終わりに、飲み会に行き、座敷で食事をするような場面で、ブーツを脱いだ瞬間に足から臭いニオイが、プーンとして仲間たちに知られないかと気になってしまいます。

どうして足はクサくなるのでしょう?原因は多数あります。

一日中同じ靴を履いていて蒸れる。
靴に通気性の良くない素材が使われている。
自分の足に合わない靴を履いている。

などなど靴の方に何か問題がある場合があるのです。

他にはクツシタです。パンティストッキングなど通気性の悪い素材の靴下を履いていた場合や、足が湿った状態のままソックスをはく。
汗に汗をかいていても、同じソックスを履いて替えなかったりした場合です。
靴やクツシタの他にも足自体にトラブルを抱えている場合は、足の洗い方が不十分、暑かったりスポーツ後などで汗をかきやすい状態になっている。

などの原因はいっぱいあるようなのです。

そんな気になる足臭の対応策としては、靴を隅々まで洗う、湿り気がなくなるように晴れた日には靴を天日干しする、自分に合った正しいサイズの靴を用意する。
などなど、自分だけではなく周りの人にも不快感を与えないように対処していくことが大切です。

顔に汗をかいた時に、とてもヘンな臭いがします。それは鼻周りから臭ってきます。
皮脂の酸化の臭いだと思っていますが、においを嗅ぎ取る鼻の近くで発生している臭いです。
鼻の脇の方からニオイがしているので、結構キツいです。

このにおいは、発生当初から嫌で嫌でたまらないのです。意識しているので、過剰に頑張ってその臭さを確認してしまいます。
ワタシは自慢できるくらい臭いには敏感なのですが、ここまで敏感じゃなくても良かったのにって感じです。
おばちゃんみたいなので、私はやんないなと思っていたことを今年になってするようになりました。

それは寒い家の中で、タオルを首に巻くということです。
肌ざわりの良いタオルを利用すると、ぬくぬくとして上手く首への保温が出来ます。
マフラーも勿論持ってはいるのですが、自宅ではタオル巻きするのがお気に入りです。

そこで一つ問題がありまして、首元に巻いているとニオイがタオルに付着してしまいます。
首元のにおいがタオルから臭ってくるのです。洗濯ものが増えるばかりで、首周りに付けるタオルは2日に一回チェンジしています。
一回目は横に三つ折りとしたものをまき付け、翌日は一回目に首側にきていない面を中に持ってきて巻いています。
タオルからするニオイが臭いと思っているのに、わざわざ嗅いでしまうのが人間の本能というものなのでしょうか。

私は脂っぽい匂いを出している人に対して不快感があります。
満員電車などでプーンと臭いがしてくると吐き気をもよおすので口で呼吸するようにしています。
咳き込んでしまいそうになりますが、私なりの気遣いとして控えております。

脇のニオイよりも自分はこの皮脂臭の方が嫌いで多分これは頭の匂いだなと思っています。
よくおじ様が通るとニオイがしてくるので中年男性とはなるべく距離をとるようにしています。
単なる汗臭であれば我慢できるのですが、中年の男の人の脂の臭いを嗅いでしまうと気持ちが悪くなってしまいます。

脇下が臭う時と違って頭の地肌のケアはみんなシャンプーだけしかしていないと思いますが、「頭皮臭」を改善するアロマオイルなども売っているので是非お手入れをやってもらいたいです。
近ごろは老年人口も増大し中高年の男性も増え続けているので是非とも頭皮臭ケアはキチンとしてもらいたいです。
しかし、「体臭」に関して過熱しすぎると、今後はナチュラル志向の方が増えることもあるかもしれませんね。

【参考】レデオス 楽天

体臭はケアも大切ですが受け取り方も大事

体のにおいは誰でももっていますし、全く臭いが無い人はそんなにいないと思います。やはり汗をかくとたいていと言ってもいいほど臭いがしてしまうものだと思います。

この体臭はやっかいなもので自分ではあまりわからないことが多いのですが、まわりにいると敏感に気がついて不快に思われることが多いということです。誰しも一回は経験をされたことがあると思います。

たとえば、スポーツジムの更衣室の臭いとか、家に帰った時の靴の臭いなど誰だって心地いいものとは思わないでしょう。だけど自分は、なるたけ臭いについては感情を露わにしないように心がけています。
当然だと思いますが、まちがいなくにおいがきついと感じた時にはわたしも敏感に反応してしまうかもしれませんが、暑い季節のバスの中などで感じるものはやむをえないと断念するようにしています。

何ともしようがないことだし、誰もわざとニオイを漂わせるために乗って来るわけではないと思うので、一生懸命やっている証だと考えるようにしています。体臭はケアも大切ですが、受け取り方も大事だと切に思っています。

旦那は38歳で5つ上です。紹介されて会ったのはおおよそ8年くらい前です。初めの頃は全然そんなことなかったのですが、この1~2年仕事から帰ってきた旦那の脇がどうもにおうんです。

夕飯を食べうだうだしているダンナの側に行くと、ぷ~んと、ミンチ天のような臭いが漂っているのです。ミンチ天と言っても九州出身の人しかわからないかもしれませんが、魚のすり身と玉ネギのコロッケみたいなもの。

「えっ?加齢臭?!まあ30代半ばだもん、しかたないよねー」と思っています。ほかはあまり臭わない、ていうか割りと臭わないのです。ですが、そのニオイが、臭いだけでおわらずTシャツにまで広がったのです。

要するに、ワキ汗のしみです。すぐに洗っているのにワキのところが黄色い!これは衝撃的でした。あたしには経験がありませんでした。

「ずいぶん強力な汗が出ていたのね、そりゃにおうよね」と思いました。たまに外で仕事することもあるので激務だったのかなーと考えつつ、そのシャツの処分に困る日々。

ニオイが嗅覚だけじゃなく視覚にまで及ぶ。脇に限りニオイの程度が高い旦那です。

普段から、電車通勤なのですが、夏の時期はすっごく臭い人に合うことが多いです。ほとんど、男性ですので男性だけが持っている臭いなのでしょう。
汗臭いのと脂のようなニオイが混ざったような、何とも言えない臭い。ちゃんと乾いていない洗濯物の臭いのような気もします。

地下鉄の中でそんな臭いの人がいた場合、凄く嫌な気持ちになってしまうのです。前の方を歩いている男の人が臭いを出していることもあり、結構きついです。多分、その男性は全然分かっていないのでしょう。自分から悪臭がしているということが分からないので、気遣わないのだと思うのです。

冬場はあまり気にならなくなってくるので、温度の高いシーズンだけなのだと思っています。汗の匂いというものは摂取しているものによっても変わると思いますし、アルコールや喫煙でも異なってくるそうなので、可能なら周囲の人などが指摘してくれるといいかななんて思いました。
親や兄弟なら気が付いていると思うので、身内で指摘してあげる事が必要ではないでしょうか。

>>すそわきがクリームのおすすめランキング

乾燥が気になる方へ

乾燥が気になる時期はお肌のお手入れも気を配らないといけないですよね。
私が実践しているお手入れ方法をご紹介します。

朝は洗顔料を使わずに洗顔をします。冬は寒いのでぬるま湯で。
その後化粧水、乳液の順につけていきますが、なるべく自分の手で液を温めながら肌に入れ込むように浸透させます。朝は時間もあまりないと思いますが、基礎をしっかりすれば夕方の化粧崩れも最小限に抑えられますよ。

オフィスにお勤めの方は社内で暖房がかかっていて特に乾燥していると思います。私はなるべくマスクをして暖房の風が直接肌に当たらないように気を付けています。

もちろんマスクは使い捨てで清潔を保ちます。マスクと加湿器のおかげで最近のお肌は乾燥知らずです。

夜はゆっくりお風呂に浸かって体の緊張を解きほぐしましょう。化粧水、乳液にプラスして保湿液を2日に1回塗るようにしています。毎日塗らないようにしているのは、保湿液が当たり前にならないようにお肌に言い聞かせています。

できるだけお風呂から出た後、30秒以内に化粧水、乳液をつけるようにします。浸透力が全く違います。

パソコン業務をしていると目が疲れてそれが翌日の表情にあらわれてしまうこともありますので温感目元マスクをしながら寝るのもおすすめです。

入浴をすることは新陳代謝をあげる事にもなるようです。ですので湯船ではゆっくりと浸かるようにしています。シャワーを浴びて終わりにしないで、夏場の暑い時も湯船に入っています。

その際に時間を上手く利用する為に、パックも行います。使うパックはシートの物で、できれば湯船に浸けて温めるようにしています。
パッケージに入っている物でないとムリですが、パッケージされている物を、しっかりと温めて使っています。手軽に温かいシートパックができるので、美容効果もアップします。

それから一番の美容の敵といわれるストレスにおいてもなるべく発散するようにしています。私自身のストレス発散方法を知らなければリフレッシュできません。ストレスを解消する事によって、肌荒れを防ぐ事が出来ます。

気が向いたらサロンを利用するとか専門の方のメンテナンスを受けるのも効果があるのではないでしょうか。それによって日頃出来ないケアも行うことができ、早めに対処する事が出来ます。

ローフードという食事法をなるべく実践するようにしています

私は美容の為に、ローフードという食べ物を加熱せずに食べるという食事法をなるべく実践するようにしています。
ローフードというのは加熱していない生の食べ物という意味で、例えば野菜なら生のサラダで食べるようにしたりフルーツも勿論生で食べるようにして、クルミやアーモンドなどのナッツもロースとしていない生のものを食べるようにします。

毎日の食事をほとんどローフードにすると、体がとても軽くなって脚や腕やウエストが細くなりスタイルが良くなります。それから精神的にも良い影響が出ます。
加熱調理した食べ物は、食べ物に含まれている酵素が無くなってしまうので、体内で消化する時に体に負担がかかりますし、肌荒れにも繋がってくると思うのです。

私が毎日食べているものは、バナナやパイナップルやグレープフルーツなどの果物、それからサニーレタスやミニトマトや人参などの生野菜、そしてローストしていない生のクルミやアーモンドなどです。こういった食べ物を毎日食べるようにしていると、酵素を沢山取ることが出来るので肌が綺麗になり、吹き出物が出来にくくなります。なのでローフードは美容におすすめの食事法です。

男女の違いを理解して居心地の良い空間を作る

恋愛を長続きさせたいなら、やっぱり男と女の違いを理解しなきゃいけないと思います。
恋愛ドラマや恋愛漫画ばかり読み過ぎると現実とのギャップに苦しむことがあるかもしれません。

また、理想の男性像が高くなりすぎて、それを彼氏に押し付けるという事も彼氏を苦しめるだけです。
自分も苦しいでしょう。
だから、男と女の違いを理解して、その違いを尊重しなければいけません。
毎日会う事や、マメなメール、細やかな気遣い溢れる言葉、これはあくまで女性の理想であって、理想通りにできる男性なんてそうそういません。

また、この人すごい理想に近い!というような人は、大体、無理してこちらの理想に合わせてくれている場合があります。
忙しい彼に頻繁に会う事や、疲れている彼にダラダラと自分の話をすること、そして心のこもった相槌などはあまり期待しないで、彼が無理しないで、ありのままの姿で一緒に要られる事が出来るように、自分の理想と離れている彼の姿を受け入れてあげる事ってとっても大切だと思います。

週に一回しか会えなくたって、そっけないメールだって、相槌が疲れた雰囲気でもいいではありませんか。
状態の悪い時の彼が本当の彼だ…くらいの勢いで、受け止めて理解して認めてあげることが恋愛長続きの秘訣です。
リビドーロゼ 販売店

彼氏と付き合って半年程経った頃、私の誕生日でした。
彼はちゃんと誕生日を覚えていてくれ、当日のディナーはホテルの鉄板料理のお店を予約していてくれました。

お互い仕事を終え、待ち合わせていました。
会ったらまず、おめでとうと花束を用意していてくれました。
思わず「えー!!」とびっくりしました。
こんなの初めてだったのでとても嬉しかったです。
お花を頂くのは女性として嬉しいものです。

鉄板料理は高級感のあるお部屋で頂きました。
とても美味しくて感動しました。
目の前でお肉などを焼いて出してくれます。
この様なお店に行く機会はなかなかありませんでした。
グルメな彼だったので、さすがだなと思いました。

料理を食べ終えると、お茶とデザートが出るのですが、それは別室でいただきます。
そのお部屋はソファー席で、寛げるスペースになっていました。
これにもさすがホテル!!と感動しました。
デザートとは別に、ホールでお誕生日ケーキも用意していてくれ、ホテルの人が記念に写真も撮ってくれました。

誕生日をこんな完璧に祝ってくれた事なんてなかったのでかなり印象に残っています。
私はホテルが大好きなので、それを良く分かっていてくれて嬉しかったです。

彼氏にされて嬉しかったことは、、、ずばり!!!
不意打ちの「サプライズ」です。

サプライズって、すらっと出来ちゃう男の人と中々出来ない男の人がいるかと思います。
私がされて嬉しかったサプライズは高価なプレゼントとか、そういったことではありません。

私がされたサプライズについて詳しく書くとね、、、
私の彼は仕事上、よく海外出張に行きます!!! (これは自慢じゃないよ(笑))

つい最近の出来事なのですが、彼が中国に出張に行っていました。
いつ帰国するかアバウトにしか聞いてなかったのですが、、、

私が空港の免税店で化粧品を買ってきてほしいと頼みました。
すると、、、彼は百貨店で働いてる友達に頼んどくから明日待ち合わせして受け取っておいで~!と
言われました。
しーかーし、そのお友達のことを私は知らないのです!(笑)
それに、わざわざ迷惑やし断ろうかなと考えていました。

だから、彼に丁寧に断ってと頼みました。
すると、「もう買ってくれたから 8時半にデパート前に来てって言うてるよ。」って!!!!!

本当に!? うそ!? えぇぇぇぇ!? んーーー。 (これ私の心の中です(笑))

とりあえず、彼のお友達やし、人見知りやけど親切な人やから 行ってお礼して帰ろう。って思いました。

ついに、待ち合わせの場所にドキドキしながら8時半前にデパート前に行きました。
10分前に着いたんですが、、、びっくりするくらい時間経つの遅いんですよー。

やっと8時半なって ふと思ったんです。
私はそのお友達の顔知りません(笑)
そうなると、、、そのお友達(彼女)は私の顔を知っているのかな???
っていうことは、、、私に声をかけてくださる人が、彼のお友達ということね。
なるほど~。めっちゃドキドキしちゃうね。 なーーーんて考えていました。

すると、、、肩をトントンとされました。
振り返ると、ふわっと私の大好きな甘い香りがして 花束が見えました。
びっくりした!?という声とともに 大好きな私の彼の顔が視界に、、、!!!!

これこそ、、、放心状態ですよね(笑)

花束と私が欲しいと思っていた化粧品をプレゼントしてくれたんです。

私の彼は日本在住の外国籍の方で、こんなことが さらーっと出来ちゃうタイプなんです。(笑)
こんな嬉しいことされて幸せでした。

お尻にギュッと力を入れてキュッとしたお尻を目指す

女性としてだらしなく感じてしまうのは、やはり身体のフォルムが崩れてしまうことだと考えています。
その最たる部分がお尻。
だから、どうやって垂れ尻にならないかを常に意識して日々を過ごしています。

例えば、いつもお尻に力を入れています。
それは立っている時はもちろんのこと、座っている時も歩いている時にも同様です。

お尻にギュッと力を入れるとお尻全体が硬くなって、キュッと引き締まった状態になります。
これを続けているとお尻が本当に引き締まって、だらしなさがなくなるというのをネットで発見した瞬間から始めました。
始めた当初は慣れないからか、ちょっとした筋肉痛になりましたが、今は慣れました。
意識さえしていれば、簡単に継続できるようです。

今のところはこれといった変化は見られませんが、いつもお尻に力を入れていることに割と気持ちよさを感じます。
お尻がキュッとなればパンツスーツが格好良く着られるだろうし、ジーンズだってもっと頻繁に着られる気がして、今からワクワクしています。

耐えられない汗臭さ

工場で働いていた時の話ですが、クーラーもなく扇風機がいくつかあるぐらいでした。
夏の暑さが半端なくて倒れそうでした。
どちらかというと外のほうがまだ涼しいのではないかというぐらいです。

水は飲み放題だったのですが、制服の汗くささはヤバかったです。
違う部署はクーラーがあったりするのに時給が同じという不平等さ。
自転車通勤で汗をかき、仕事場で汗をかきという感じでした。

周りの人も汗臭いので、本当に大変な仕事でした。
体全体的に臭い感じで脇も足も臭かったと思います。
いつも、靴に臭い消しが必要なぐらいでした。

しかし、汗をかくことによって痩せました。
まるでサウナのようでした。
よく、休憩中に抜け出し、男性用の汗拭きシートで体を拭いてました。
それだけでも全然違います。

そこにいたのは1年だけでしたが、違う部署に異動した時、寒いぐらいに涼しくてあまりの違いにビックリするほどです。
最初に入ったタイミングと運だなあと思いました。
女性はこういう職場で働くことになったら身だしなみに気を付けておきたいですね。
ワキガ対策クリーム⇒クリアネオ

あんまり自分自身では気に掛ける事もなかったのが、この足の臭いです。
私は仕事の都合上、日々ストッキングを着けています。
どんなスタイルの時でも、パンストでなければなりません。
だけど、この「ストッキング」のせいでここまで足が臭くなっているなんて、今まで長いこと履いてきましたが、一つも認識していませんでした。

この間、仕事場の同期会あったんです。
予約でお座敷をとっていたんですよね。
当日は天気が悪かったので、靴の中まで雨が入り込んでいました。

店の人が、気を利かせてタオルを配ってくれましたが、湿った感じは残ります。
そういった状態のまま座布団に座り、ちょっとしてからトイレに立った時のことです。
ふと初めて嗅ぐようなニオイを感知しました。

「くさや」っぽい匂いだけど・・・と顔をしかめましたが、そんな香りがするような料理はなく、首を傾げながらもパンプスをはこうと、しゃがんだと同時に、真犯人が分かったのです。
そうです、この悪臭はくさやでもなんでもなく、我が両足だったんです。

ワタシは14歳くらいから脇の臭いに悩んでいました。
クラスメイトからは匂いがキツいとよくからかわれていました。
高校生になってからは脇用のパウダースプレーでケアしてなんとかバレないようにしていました。
「腋臭」があるのはとても辛かったです。

OLになってからもあらゆるデオドラントを使いなんとか臭わないようにしていました。
毎朝家を出る前にスティック型デオドラント剤をつけて、それをニオイ対策としていました。
ですが、会社を退社してフリーターになった時、バイト仲間に「腋臭だよね?」といわれてショックで悩みました。

時間は自由がきいたので、クリニックにいき腋臭手術をしてもらう事にしました。
治療費は11、12万円くらいでした。
始めに検査をして「耳の中とか湿ったりしない?」とお医者さんに質問され、「ウェットタイプです」と返事をしました。

診察後にわきが手術が決定し、1週間程度入院してわきが手術を行いました。
手術自体は1~2時間程度で、あとは経過の後、糸を抜くのを待つばかりです。
糸を取れると腫れも引いていき退院出来ることになりました。

脇臭はゼロになって気にならなくなりました。
本当に手術をやって不安も解消されて堂々と生きていけるようになりました。

高学年になったあたりから、息子の頭のニオイが気になり始めたのです。
お風呂に入った後でも匂っていたので、最初は丁寧に洗っていないからだと何度も何度も「ちゃんと洗って!」と叱っていましたが、ある日辛抱できず代わりに私が洗い、頭のニオイをかいでみると、「なんだか臭う」。
それくらいの年になると、全身からなにか特別なものが出るのかな?と本気で悩んでしまいます。

クサイ臭いを漂わせていたら、いじめにもつながりかねないので何とかしてあげたいのですが、そもそも本人が気に掛けていません。
何を使っても適当にしていれば効き目もわからないし、お風呂だって一緒になんて入らないし、まさか毎日わたしが洗うわけにもいかないし本当にこまっています。

もう少し成長すれば臭わなくなるのか、息子自身が考えてくれるのか。
いずれにしてもどうすることもできず、一人で頭を抱えています。
瞬殺で臭いを消してくれるような何かがあればいいなと思いますけど、そんな物なんてないですよね。

自己流美容法

私は10代の頃から、美容に関して非常に興味があって、自分流の美容法で今の肌弾力や、シワの無い顔を維持しています。

まず基本的にあまり笑いませんでした。笑う時は目尻を抑えていたほどです。
だから今でもその癖がついていて、目尻の笑いシワなどはありません。

またおでこのシワ予防には、目だけで上の物を見ないということ。
目だけで上を見ると、おでこにシワが寄っていずれそのシワが深く刻まれてしまうからです。
上の物を見る時は首をきちんと上げて見ます。(これらは結構ポイントです)

紫外線を防いだりするのは基本的ですが、安くて効果がないと感じる化粧品よりも、多少高額でも良質な化粧品選びをしてきました。
若い頃からのメンテナンスは10年20年年を重ねた時に、大きな違いが出てきます。
継続は力なり、正にその通りだと今は実感しています。

また年齢を重ねると、顔のたるみが出てくるので、肌の筋肉を鍛えます。口を大きく開けたり、顔ストレッチをしています。

また今は「カッサ」が流行ってきましたが、昔はそのようなものが無かったので、自分の指の関節をカッサ代わりにして、ゴリゴリ血流を良くする為にもマッサージしてきました。
だからとても顔の筋肉は固く、つまめないほどの弾力があります。
正しい方向でマッサージしなければ、たるみの原因にもなるから要注意です。

続けること、むずかしい

色の白いは七難隠す、らしいので、というかもうずっと基本的に美白がよしとされていて美白化粧品もたくさん売っていたりして、わたしも紫外線にはわりと無意識に気をつけて暮らしています。

よく色白いね、色素薄そう、と言ってもらうことがありますが、子供の頃はめちゃくちゃ焼けていました。(夏休みなど)
大人になってから気をつけるようになっただけで、わたしもなにもしなかったらたぶん普通に焼けます。
日焼け止めは季節関係なく使うし、でも基本インドアなのであまり日焼けしないのもあるかもしれませんが・・・

雑誌の美容について書いてある記事など読むと、やっぱりたいてい「続けることが大事!」と書いてあって、でも飽きっぽいわたしはほぼ続けられません。でも紫外線に気をつけること、などはもう無意識に刷り込まれていて、素肌のまま日に当たる罪悪感が気持ち悪く(お化粧をしたまま寝るのが気持ち悪いように)なってしまい、続いています。

でも続かなくても、いろいろやってみるのは悪いことじゃないように思います。思いついて「今日は階段を使おう」とかで全然それだけで自分によいことをした!と達成感のようなものが少し得られるし、「続けられないわたしだめだ」と思わないでなんかキレイになるために、と一個でもできたら多分ちょっとキレイになれるのでは、という気がしています。